芝を綺麗に整えたいなら面倒な作業よりも業者|人工芝と天然芝

外壁塗装の歴史

海外からの輸入塗料が外壁塗装の普及の始まりとなった

紀元前以前から日本でも漆塗装といったものはありましたが、住宅塗装に関してはその習慣が無かったため、普及が始まるのは江戸時代末期に開国を行って、西洋文化が流入をし始めるようになってからです。 様々な輸入品とともにもたらされた西洋の塗料は、住宅外壁塗装にも用いることができる塗料であり、西洋建築においても用いられていました。最初の頃は外国人技師から技術研修を受けた日本の職人が全国で主に西洋建築の建物を塗装しており、徐々に外壁塗装に関しても広まっていきます。 第二次大戦後は住宅建設ラッシュが始まり、その後高度経済成長期を通して住宅の西洋化がより一層進むと、外壁塗装の需要も高まり様々な塗料製品も開発され、現在では外壁塗装においても世界でトップクラスの技術力と商品力を備えています。

次世代の塗料である光触媒塗料がこの先のエコ住宅ブームと共に伸びる

現在は大きなエコ住宅ブームが訪れています。住宅の中で消費するエネルギーを抑えて地球環境をセーブしようという考えの元、地域材といった地元の木材を使った住宅の建設が増えています。 高断熱高気密の住宅であり、住宅の消費エネルギーを大幅に抑えるその働きに外壁塗装も役立っています。エコ住宅に用いられる外壁塗装の塗料には、次世代塗料と呼ばれる光触媒塗料がよく用いられています。 光触媒塗料は太陽の光で汚れを浮かび上がらせて、それを雨で洗い落とす働きがあります。さらに遮熱効果を持っているため、住宅内部に熱が伝わりにくく、また逃しにくいため、夏は涼しく冬は温かい快適環境を実現できる塗料です。 エコ住宅における断熱性に一役買っている塗料であり、今後のエコ住宅の伸びと合わせて普及していく未来の塗料と予測されています。

Copyright (c) 2015 芝を綺麗に整えたいなら面倒な作業よりも業者|人工芝と天然芝 all reserved.